ロゴ
HOME>イチオシ情報>快気祝いを贈るなら喜ばれるものが一番良い

快気祝いを贈るなら喜ばれるものが一番良い

プレゼント

快気祝いにふさわしいもの

快気祝いと快気内祝いとを分けて考える風習もあるようです。特に分けない地域もあるので、そこは郷に入っては郷に従えですね。例えば、快気祝いは、すっかり元気になったことを報告すると同時に、療養中にお世話になった方へお祝いのおすそ分けをするというもの。快気内祝いは、一応急性期は過ぎたけれど、まだすっかり回復したとは言えず、自宅療養や通院は続けるというものといった具合です。特に厳密な使い分けが必要とは限りませんが、いずれにしても病気やケガから日常生活への復帰を記すお祝いの意味になります。相応しいものとしては、病気やケガが消えて無くなるという気持ちを込めて、消え物(食品や消耗品)を選ぶのが良いとされています。お見舞いをいただいたら、別途御見舞御礼をお返しする場合もあるので覚えておきましょう。ちなみに、本人が亡くなってしまった場合にも御見舞御礼はするものとされています。

ギフト

贈るときに注意したいマナー

快気祝いはお祝いごとですが、二度とこのようなことが無いようにという意味で、紅白の水引の結び切りを熨斗に使用する必要があります。亡くなった場合の御見舞御礼に熨斗は付けず、無地で短冊になります。また、お返しはいただいた物の金額的に3分の1から2分の1くらいのものに抑えるのがマナーです。贈るものはギフト券のような金券だと目上に方に対して失礼にあたるケースが多いので、カタログギフトなどを選んだほうが無難でしょう。仕事場で渡すなら、仕事場で食べられるちょっとしたものなどでOKです。例えば箱で持って行って、その場でみんなに分けてもらえる個別包装のお菓子なども、まったく失礼ではありません。特別に御見舞をいただいた方がいれば、目立たないところで別に御礼をお渡しするのがいいでしょう。ただ、持ち帰るのに邪魔にならないようなものを選ぶのも職場のマナーですね。